社会福祉法人ノーマライゼーション協会(公式ホームページ)|地域福祉|ボランティア|知的障害者生活支援|大阪府大阪市

qrcode.png
http://www.normalization.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

協会の成り立ち

 

協会沿革

協会沿革
 
【前史】
1975年6月「しよう会」結成
障害児・者の生活と教育権を保障しよう淀川・東淀川区民の会(略称:しよう会)を結成。
【前史】
1979年4月「準高」の全日登校開始
しよう会を中心に義務教育終了後の障害児の進路保障を求め、大阪府立柴島高校における障害児交流教育(準高)の取り組みを開始。
【前史】
1982年4月「生活の場」開設
「準高」修了後の進路保障のため、日之出障害者会館と連携し、仕事をし仲間とともに生きる場として共同作業所「生活の場」を開設。
【前史】
1985年4月「西淡路希望の家」開設
「生活の場」の実績を継承し、「地域の共生の拠点」の活動を強化するために、社会福祉法人路交館の運営協力を得て、知的障害者授産施設(通所)西淡路希望の家を開設。(当初、利用者定員20名。)
【前史】
1988年6月「Aiはうす」開店
障害者の職場を確保し、障害者の生活世界をより広げるために、自立ショップ「Aiハウス」を開設。(後に、福祉の店「あいハウス」と改名。)
【前史】
1989年4月「西淡路希望の家」増築
3階部分を増築し、エレベーターも設置。(利用者定員37名となる。)
1990年10月「社会福祉法人ノーマライゼーション協会」設立 社会福祉法人ノーマライゼーション協会を設立し、社会福祉法人路交館より、西淡路希望の家の設置運営を引き継ぐ。
1990年11月「自立の家」開設 知的障害者の自立生活と居住拠点の拡大をめざし、グループホーム「自立の家」を開設。差別・偏見・困難を乗り越え、やっとさがしあてた一戸建て賃貸からスタートし、後に購入。【1か所目】
※1998年「おおぞら」に改名し、2007年現在の「みんなのいえ」と変更した。
1995年9月「ふりーさいず」開設 知的障害者デーサービスセンターで、知的障害者の生活・余暇活動(デイアクティビティー)支援の拠点。自主活動、ガイドヘルパー活動を展開。西淡路希望の家の利用者定員増(利用定員45名)も図る。【2006年10月~地域活動支援センターへ移行。】
1995年12月「ひざし」開設 淡路地域在宅サービスステーション(高齢者デイサービスセンター、在宅介護支援センター)で、淡路地域の高齢者のデイサービス・生活支援活動を開始。【2000年4月~介護保険事業へ移行】
1998年1月「はるか」「ひかり」開設 全国に先がけ、都市部における公営住宅を利用した知的障害者のグループホームとして開設。【2か所目、3か所目】
1999年8月「ヘルパーステーションいずみ」開設 高齢者の在宅生活を支援するホームヘルプ事業を開始。【2003年4月~障害者ホームヘルプ事業を開設。2006年10月~移動支援、重度訪問介護、居宅介護を運営。】
1999年10月「ネクスト」開設 「障害児・者地域療育等支援事業」で、障害児・者や家族の在宅支援コーディネイト機関として発足。【2006年10月~相談支援事業を運営。】
2000年3月「淡路地域福祉・生活支援センター」開設 「淡路・新大阪周辺まちづくり連絡会」の運動の経過により、「福祉・医療」ゾーンにおける福祉の中核施設として誕生。
知的障害者入所施設ハニカム、特別養護老人ホームだんらん、ケアハウスいこいがスタート。
2000年4月介護保険制度スタート 高齢者保健・福祉法制の「大きな改革」として介護保険制度がスタート。
2000年10月社会福祉法人ノーマライゼーション協会設立10周年記念集会 N協がめざすもの【10の提言】を提起
1.高齢者、障害者等当事者の自己決定を基本に、自立支援や介護支援を積極的に進め「かけがえのない存在」である本人自身のライフスタイルの創造を支援する。
2.家族や知人・友人・地域との関係性を大切にし、東淀川区に居住する一市民としての暮らしを援助する。
3.高齢者・障害者の人権を基軸とした権利擁護の取り組みを積極的に展開する。
4.苦情解決、情報公開、第三者評価等、よりよいシステムを構築し、地域の社会資源として有効活用される「開かれた施設」をめざす。
5.医療・保健・福祉をはじめとする地域の関係機関・社会資源との連携、ネットワークを積極的に形成していく。
6.部落差別・障害者差別・民族差別・女性差別をはじめ、あらゆる差別撤廃の諸運動との連携を図り、人権確立の一翼を担う。
7.主体性・人間性・人権感覚・知識・技術を磨き、自己研鑽を図っていくことを基本にし、「明日の福祉を担う人材」の育成・確保を推進する。
8.地域交流スペース「つどいホール」の地域利用を積極的に推進し、多様な自主活動・地域活動の支援、人権文化・福祉文化の拡大、人権の視点をもったボランティアの育成・確保を図る。
9.震災・災害・セキュリティ等の「防災拠点」「セキュリティ拠点」(防災公園、避難場所含む)として、地域社会に貢献する。
10.社会福祉・社会保障制度の改革のために、当事者運動、地域運動と固く連携し、大胆にアクションをおこしていく。
2001年4月「ほくと」開設 公営住宅利用のグループホームとして開設。【4か所目】
2001年12月「こころの相談室リ-フ」事業受託・開設 2001年12月「こころの相談室リ-フ」を事業受託・開設。2002年4月から大阪市立日之出障害者会館2階において、精神障害者や家族の在宅支援・コーディネィト機関として事業展開。【2006年10月~地域活動支援センター、相談支援事業へ移行。】
2003年4月大阪市立日之出障害者会館を事業受託

障害者支援費制度はじまる。
身体障害者福祉センターB型(社会参加支援施設)としてディサービス・相談事業等を柱に事業受託。【2006年4月~2008年3月、2008年4月~2012年3月、指定管理者として選定。】
2004年4月「ゆうきや」開設 公営住宅利用のグループホームとして開設。【5か所目】
2005年「いこや」開設 ハニカム自活訓練事業として開設。
2006年4月「ここや」開設 ハニカム自活訓練事業「いこや」メンバーで移転し、グループホーム「ここや」として開設。【6か所目】
2006年4月「いろは」開設 ハニカム自活訓練事業として開設。
2006年10月「障害者自立支援法」施行 グループホームは、同法により「ケアホーム(共同生活介護)」と「グループホーム(共同生活援助)」に分かれる。当法人は「ケアホーム(共同生活介護)」の指定を受ける。
2007年8月「いろは」開設 ケアホーム「いろは」(一戸建て賃貸)を開設。【7か所目】
2008年4月「はるか」「ひかり」「ほくと」移転 市営住宅建て替えに伴い、ケアホーム「はるか」「ひかり」「ほくと」の居所移転。
2010年4月「にこや」開設 ケアホーム「にこや」(一戸建て賃貸)開設。【8か所目】
2010年4月ハニカム新体系移行 ハニカムが障害者自立支援法による新体系に移行。(生活介護、施設入所支援、短期入所)
2010年10月社会福祉法人ノーマライゼーション協会設立20周年記念式典 「すべての人の人権を基軸としたノーマライゼーション社会の実現」をめざして、20年の歩みから将来に向かって、設立記念式典において「N協・新提言」(2010年10月)〔12項目〕を提起しました。
1.法人理念「すべての人の人権を基軸としたノーマライゼーション社会の実現」をめざし、社会福祉法人としての社会的責任を深く自覚し、これからの10年を一層、強く、優しく、しなやかに躍動します。
2.家族・友人・知人、地域社会との関係を大切にし、今を生きる「かけがえのない存在」である当事者の暮らしとライフステージの創造を支援していきます。
3.20年の成果・教訓・課題をふまえ、中長期計画と将来展望をもちながら、主体的な経営基盤の強化を構築し、地域に密着した社会福祉事業経営の推進と拡大を図ります。
4.人権感覚をもったプロフェッショナルとしてのスキルを常に磨き、「ほめる」「ねぎらう」「みとめる」「感謝する」視点を大切にした職員の育成・定着・人づくりを推進します。
5.サービス情報の提供・公表、サービス評価、苦情解決、権利擁護・虐待防止、ケースマネジメントのよりよいあり方を追求し、利用者とともに歩み、地域に開かれた施設・事業所・社会資源として、社会的役割を発揮します。
6.全職員一人ひとりが自分自身の課題として、男女差別・セクシャルハラスメント・パワーハラスメント・モラルハラスメント・いじめと戦い、自らの意識革命を図ります。
7.社会福祉法人として、差別撤廃・人権擁護をめざす諸活動と連携・協力し、人権確立のための社会的一翼を担います。
8.社会福祉再生と「明日の社会福祉の担い手」づくりを推進し、施設・事業所の実習や研修の取り組みを大切に育み、地域の諸団体、ボランティア、NPOなどと連携し、地域福祉ネットワークの拠点になることをめざします。
9.東淀川区における地域医療・保健・福祉の諸機関や社会資源とのネットワーク形成や事業連携を一層強化していきます。
10.障害者アートや音楽活動をはじめ、オンリーワンの当事者の芸術・文化活動・スポーツ活動を大切に育み、様々な地域活動・自主活動との連携を推進します。
11.災害の情報や教訓を活かし、「淡路地域福祉・生活支援センター」が地域における安心・安全の「防災・セキュリティの拠点」として、貢献します。
12.障害者権利条約の批准と具体化をめざし、「当事者主体」「権利主体」「合理的配慮」の視点に立った、社会福祉・社会保障をはじめとするすべての制度・施策・法体系の抜本的な改革をめざし、社会福祉法人として行動します。
2011年4月西淡路希望の家新体系移行 2011年4月、西淡路希望の家、デイアクティビティセンターふりーさいずが障害者自立支援法による新体系に移行【西淡路希望の家(多機能型 生活介護事業所 就労継続支援B型事業所)】
2012年4月、大阪市の「日之出障害者会館物件」売却という状況に際し、当法人が購入 2012年4月、大阪市の「日之出障害者会館物件」売却という状況に際し、「当事者支援の拠点」、「地域の社会資源」、「サービスと雇用」を守り、推進していく観点から、当法人が東奔西走し、購入に至りました。【2012年4月1日付で売買契約締結、2012年6月1日付で当法人への所有権移転登記】
2013年4月、「障がい者センター翔館」と新たな名称で事業推進 2013年4月1日、「旧・日之出障害者会館」は「障がい者センター翔館」と名称を新たにして、障害福祉サービス等を推進しました。一人ひとりの思いがこの翔館(しょうかん)の名称に込められています。
2013年4月、「ゆうきや」移転 2013年4月、新たな生活環境での定着と今後の推進めざして、ケアホーム「ゆうきや」が移転しました。

社会福祉法人
ノーマライゼーション協会

大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37
TEL.06-6328-2941
FAX.06-6328-2961
──────────────
────

107258
<<社会福祉法人ノーマライゼーション協会>> 〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37 TEL:06-6328-2941 FAX:06-6328-2961