社会福祉法人ノーマライゼーション協会(公式ホームページ)|地域福祉|ボランティア|知的障害者生活支援|大阪府大阪市

qrcode.png
http://www.normalization.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

被災地支援・防災活動

 

東日本大震災復興・復活支援

東日本大震災復興・復活支援
 
 
 東日本大震災 復興・復活支援

 東北の出来事は、大阪の出来事、関西の出来事~

 「被災障害者支援ゆめ風基金」、「被災地障がい者センター」に
 連帯し、東北⇔関西の息の長いつながり・交流・支援を続けよう!!

        【社会福祉法人ノーマライゼーション協会】

  2011年3月11日の東日本大震災は、未曾有の
 被害をもたらしました。
  お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げ
 ますとともに、被災地の復興・復活を心より祈念致し
 ます。
  東日本大震災は、地震・津波・原発事故の甚大な被
 害の中で、命の重み、生きること、人の絆など、私た
 ちに根源的な問いかけをしています。
  プレートと活断層と海に囲まれた「火山島」である
 日本において「防災・安心・安全のまちづくりとは何
 か」、「社会福祉現場において私たちがどう取り組ん
 でいくべきなのか」が問われています。
  30年以内の発生確率として、東海地震(M8.0)
 【87%】東南海地震(M8.1)【70%】、南海
 地震(M8.4)【60%】と想定されました。
  データ分析やシミュレーションの中で、東海・東南

 海・南海地震の3連動及び4つめの震源域という「4

 連動の津波」が想定されています。
  そして、「南海トラフ巨大地震」の被害想定として
 最悪で死者32万3000人の想定等が発表されまし
 た。
  さらに、それを超える「最悪の状況」が問題提起さ
 れ、対策の必要性が提言されています。
 大震災は、まったく他人事ではなく、確実に明日来
 る出来事です。
  被災地の出来事は、「障害者の人権問題」であり、
 すべての人のいのちとくらしの課題です。
  東北の出来事は、大阪の出来事、関西の出来事です。
                    
  私たち社会福祉法人ノーマライゼーション協会は、
 2011年4月より、「被災障害者支援ゆめ風基金」
 「被災地障がい者センター」に連帯して行動してきま
 した。
  行動を共にした大阪、関西、全国の同志の皆様に心
  から御礼申し上げます。
  これからも、感謝とリスペクトを大切にして、初心
 を忘れず、「被災障害者支援ゆめ風基金」、「被災地
 障がい者センター」に連帯し、東北⇔関西の息の長い
 つながり・交流・支援を続けていきたいと思います。
  そして、東海・東南海・南海のプレート型連動巨大
 地震や、居住する地域の活断層地震を現実的に想定し、
 今回の教訓を大切にして、地域防災の取り組みを共に
 進めていきたいと思います。

 【具体行動(取り組みの経過含む)】

 ○現地支援行動

  同志の皆様に心から感謝申し上げます。
   そして、今後ともよろしくお願い致します!!
 
 ・全国(都道府県)から参加され行動を共にした同志
  の皆様に心から御礼申し上げます。
 ・「被災地障がい者センターみやぎ」で、めいっぱい
  個性豊かな仲間、同志と出会い、つながりました。
  大阪や関西のメンバーとも「被災地障がい者センタ
  ーみやぎ」で出会い、再会し、交流を深めました。 
  「被災地障がい者センターみやぎ」がみんなをつな
  げてくれました。
 ・「被災地障がい者センターみやぎ」及びCILたす
  けっとの皆様には、ガイダンス、具体行動、宿舎や
  生活の細々したことなども含め、熱い思いと愛情い
  っぱいで、様々なことを教えていただき、本当にあ
  りがとうございました。
  心より、心より感謝申し上げます。
 ・大阪から現地に向かう2011年4月のN協第1陣
  (3名)は、当日の早朝、新大阪駅・新幹線中央改
  札にて山中理事長より感動の「檄」と現地への見送
  りをいただくとともに、その後の現地派遣メンバー
  全員に順次声かけと「檄」をいただきました。
  そして、一人ひとりが思いをもちながら、行動に参
  加してきました。
 ・また、「ゆめ風基金」の橘高千秋事務局長より情報
  提供・アドバイス・激励をいただき、各現地「被災
  地障がい者センター」を奔走されている「ゆめ風基
    金」の八幡隆司理事より熱い熱い「檄」をいただき
    参加者一人ひとりの心と体のエンジンが加速し、元
  気をもらいました。
  今も、現地や大阪でお会いする度に、その行動力と
  パワーにふれ、こちらがいっぱい「充電」させてい
  ただいております。
 ・そして、「ゆめ風基金」の牧口一二代表理事、河野
  秀忠副代表理事により、仙台や石巻をはじめとする
  現地取材、懇談・交流会等が取り組まれ、地域の被
  災障害者や地域住民、支援者の思いや東北と関西の
  つながりを共有することができ、いっぱいエネルギ
  ーと心のメッセージをいただきました。
 ・障害当事者の阿部俊介さん、石森祐介さん、箕田朗

  子さんとともに、「被災地障害がい者センター石巻」

  を立ち上げ、推進の支えと原動力になった大薗拓郎

  さんに、心から感謝し、リスペクトしております。

  大薗さん、ほんまに、ありがとう!!

  こらからも、その思いに連帯して、呼び呼ばれ、東

  北⇔関西がつながり、ともに行動していきたいと思

  います。
 ・今後とも、しつこく、しつこく、リピーターとして
  かかわりながら、
継続・協働して、末永く歩んでい
  きたいと思いますので、よろしくお願い申し上げま
  す!!

  現地支援参加者等(敬称略、所属等は当時のもの)

   【 予 定 含 む 】
 【※N協は、社会福祉法人ノーマライゼーション協会の略】

 (2011年)
 ・4月22日(金)~4月28日(木)
  【中井純一(N協・日之出障害者会館施設長)】
    【岩佐誠二(N協・ひざし施設長)】

 ・4月22日(金)~5月5日(木)
  【小西寿一(N協・地域福祉推進企画室長)】

 ・5月2日(月)~5月8日(日)
  【神門雄一(N協・西淡路希望の家施設長)】

 ・5月7日(土)~5月13日(金)

  【津本昭二(N協・だんらん施設長)】
  【德岡信(N協・ハニカム施設長)】

 ・5月7日(土)~5月13日(金)
  【牧憲一〔個人〕(NPO法人jump理事長)】

 ・6月24日(金)~28日(火)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】

 ・7月9日(土)~15日(金)
  【篠田昭(N協・ひざしスタッフ)】

 ・7月11日(月)~17日(日)
  【池田一知(N協・日之出障害者会館スタッフ)】

 ・7月15日(金)~18日(月)
  【原麻衣子(N協・ネクスト管理者)】 

 ・7月18日(月)~24日(日)
  【新井勉(N協・みんなのいえ管理者)】

 ・7月22日(金)~28日(木)
  【野田直子(N協・ハニカムスタッフ)】

 ・7月25日(月)~27日(水)
  【平塚裕治(N協・日之出障害者会館スタッフ)】

 ・7月29日(金)~8月4日(木)
  【舩曳善幸(N協・西淡路希望の家スタッフ)】

 ・8月8日(月)~12日(金)
  【大賀喜子〔個人〕(NPO法人jump監事)】
    【奥村直子〔個人〕】

 ・8月22日(月)~28日(日)
  【畠宏仁(N協・だんらん統括主任)】
  【板井良介(N協・リーフ主任)】

 ・8月29日(月)~9月3日(土)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】

 ・9月22日(木)~9月29日(木)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】  

 ・10月24日(月)~10月29日(土)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】  
  
 ・12月12日(月)~12月18日(日)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】  

 (2012年)
 ・1月24日(火)~1月29日(日)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】 

 ・2月22日(水)~2月28日(火)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】
    【小西創太〔個人〕(大学生)】

 ・3月6日(火)~3月12日(月)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】

 ・5月17日(木)~5月20日(日)
  【池田佳ず実〔個人〕(ピアニスト)】
  【吉岡由美子〔個人〕(ケアワーカー)】

 ・5月17日(木)~5月23日(水)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】

 ・7月22日(日)~7月27日(金)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】

 ・8月27日(月)~9月1日(土)
  【小西寿一〔個人〕(N協・地域福祉推進企画室長)】
  【大代裕之(NPO法人Flat・きた事務局長)】

 ・11月5日(月)~11月10日(土)
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】

 (2013年)
 ・3月8日(金)~3月12日(火)
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】

 ・5月7日(火)~5月12日(日)
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】

 ・7月8日(月)~7月14日(日) 
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】

 ・7月11日(木)~7月13日(土)
  【麻生節子〔個人〕(障がい者センター翔館)】
  【大賀喜子〔個人〕〕(NPO法人jump監事)】

 ・9月9日(月)~9月14日(土)
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】
    【小西創太〔個人〕(大学生)】

 (2014年)
 ・3月7日(金)~3月12日(火)
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】

 ・7月26日(土)~7月29日(火)
  【小西寿一〔個人〕(N協・常務理事)】


 *
「被災地障がい者センターみやぎ」に連帯・行動し

  心に刻んだこと


  
①被災地域に飛び込んで、被災された障害当事者や
   関係者・支援者とつながり、課題やニーズをつか
   み、支援し続ける魂と行動力。
  ②障害当事者自身が避難所や仮設住宅をはじめとす
   る居所、関係機関等をまわり、訴え、主体的活動
   を通じて、つながっていること。
  ③被災地の出来事は、「障害者の人権問題」であり、
   すべての人のいのちとくらしの課題であること。
   東北の出来事は、大阪の出来事、関西の出来事で
   あること。
  ④具体的な支援ケースを通じ、行政機関や支援機関、
   コミュニティづくりの課題を痛感したこと。
  ⑤現地に行かないとわからないこと。
   現地に学ぶとはどういうことなのかということ。
  ⑥支援活動やエピソードを通じて、障害当事者や現
   地スタッフ、全国からの参加者にたくさんの「気
   づき」と「生きることのあり様」をいただいたこ
   と。
  ⑦職場、地域、居所における取り組みに、具体的に
   どう活かすのか、どう実践するのかが問われてい
   ること。

 ○義援金、寄附等支援

 *
2011年3月21日~3月31日の各施設・事
   業所において取り組みました「義援金募金箱」で
    は、合計266,481円が寄せられました。
   ご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。
   本当にありがとうございました。
    当該義援金は、「被災障害者支援ゆめ風基金」に
    133,330円(郵便振替料金330円含む)、
   「大阪府社会福祉協議会」に133,151円を
    送金致しました。

  2011年4月~7月の「義援金募金箱」では、
    162,303円が寄せられました。本当にあり
    がとうございました。
    当該義援金は、全額を8月19日付で、「被災障
    害者支援ゆめ風基金」に送金致しました。
  2011年8月~10月の「義援金募金箱」では
    41,565円義援金(その他、郵便振替料金3
    30円分別)が寄せられ、11月1日付で「被災
    障害者支援ゆめ風基金」に送金致しました。
 *2011年11月~2012年2月の「義援金募
   金箱」では39,884円(その他、郵便振替料
   330円分別)が寄せられ、2012年3月14
   日付で「被災障害者支援ゆめ風基金」に送金致し
   ました。
  *2013年5月25日の「第11回つどい福祉ま
   つり」では、出店団体17団体に対して「売り上
   げの10%」(自己申告)の寄附をよびかけ、3
   0,178円が寄せられ、2013年5月31日
   付で「被災障害者支援ゆめ風基金」に寄附致しま
   した。

 

 *2014年5月17日の「第12回つどい福祉ま
   つり」においては、22の出展団体に対して「売

  り上げの10%」(自己申告)の寄附をよびかけ

  41,929円が寄せられ、2014年5月2

  日付で「被災障害者支援ゆめ風基金」に寄附致し

  ました。
  *今後とも、ねばり強く、息長く、「被災障害者支
    援ゆめ風基金」への義援金活動を推進していきた
    いと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 

社会福祉法人
ノーマライゼーション協会

大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37
TEL.06-6328-2941
FAX.06-6328-2961
──────────────
────

107257
<<社会福祉法人ノーマライゼーション協会>> 〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37 TEL:06-6328-2941 FAX:06-6328-2961