社会福祉法人ノーマライゼーション協会(公式ホームページ)|地域福祉|ボランティア|知的障害者生活支援|大阪府大阪市

qrcode.png
http://www.normalization.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

地域防災活動・実践の様子

   
ともに地域防災、いっしょに地域福祉。日常の防災活動を地道に取り組み、地域防災・地域福祉のつながりと情報共有を進めよう!【社会福祉法人ノーマライゼーション協会】
 

地域防災活動(実践の様子)

地域防災活動(実践の様子)
 

今後の防災活動の取り組み

今後の防災活動の取り組み
 
 
今後の地域防災の取り組み

(1)東日本大震災・被災障害者支援の課題や教訓等を通じて

 ①東日本大震災において障害者の死亡率はその他住民の死
  亡率の2倍
  ・この事実が私たちに提起する課題と教訓を胸に刻み、
   取り組むこと

 ②災害時における情報の徹底について
  ・何が起きたかの速やかな情報把握困難
  ・携帯電話不通、携帯電話の電池切れ
  ・音声情報の文字化、文字情報の音声化、手話通訳者・
   要約筆記者配置等の課題

 ③障害者・高齢者等災害時の避難に関して
  ・避難移動・誘導の支援課題、避難導線を遮るバリアな
   ど、避難時のアクセス困難・指定避難所への避難困難
  ・福祉避難所の認知の低さ、遠距離の問題
  ・物理的、人的措置不十分という状況
  ・身体的・精神的負担(不便と遠慮)
  ・県外に避難した被災障害者の把握と支援体制

 ④被災障害者の実態把握について
  ・「障害者手帳」所持者については、「個人情報保護法
   や条例により把握が困難」と見なされる傾向が強い。
  ・しかし、「人の生命、身体又は財産の保護のために必
   要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難
   であるとき」は、「個人情報の利用目的による制限」
   は適応されないことがほとんど知られていない。
  ・「障害者手帳」非所持者については、地域住民とのつ
   ながり度合いによって、状況が変わる。

 ⑤移動手段に関して
  ・杖や車いす流出
  ・車の流出
  ・ガソリン不足

 ⑥医療、介護等に関して
  ・停電時の医療機器の通電
  ・在宅における薬、医療的ケアにかかわる医療物資等の
   確保
  ・通院、入院における薬、医療物資、医療機器等の確保
  ・医療スタッフ、介護スタッフの確保等に関する課題
  ・避難所等避難先での保健・医療や介護の課題

 ⑦利用していた事業所・施設の被害
  ・作業所や地域活動支援センター等の流出・業務停止等
   被害
  ・障害福祉サービス事業者の被害、復旧・復興支援の連
   携

 ⑧家族等
  ・めいっぱいの状況
  ・親戚・知人・友人・支援者のつながりがないと孤立し
   がち
  ・被災時のストレスやトラウマをかかえながら、日々を
   生きる(震災時~半年~1年~1年半~2年~2年半

   ~3年)

 ⑨支援者等
  ・民間事業者
行政関係者、ボランティア関係者をはじ
   め、支援者の相当数が被災し、被災者が被災者を支援
   する状況
  ・障害当事者が支援活動を推進
  ・行政との連携の構築
  ・地域住民への支援団体認知の度合いと各団体の連携

 ⑩メンタルサポート等
  ・心身の負担とストレスが極限まで増大するという壮絶
   な状況
  ・PTSD(外傷後ストレス障害)を含むメンタルサポ
   ート必要
  ・「がんばらない、急がせない、あきらめない、なげだ
   さない」心の支援、共感的態度と受容をふまえ、個々
   の状況に寄り添った支援が必要

 ⑪避難所等
  ・障害者や高齢者等の様々なケースに対応した相談
支援
   やサポートが重要
  ・避難所における状況に合わせた物資や環境調整等の対
   応
  ・ボランティア窓口対応の整備と情報提要の工夫が課題
   (パソコン等でボランティア窓口受付⇒登録管理・相
    互連携⇒情報提供が必要)
  ・障害児の見守り・サポート、障害者の介護・生活支援
   のニーズ対応(仮設風呂・トイレ・食事時間等での見
   守り・サポート、家族のレスパイト、移動支援、障害
   者のコミュニケーション支援、介護・生活支援、通院
   移動支援、他の居住者との関係調整、行政・事業者・
   ボランティア等関係機関との連携)
  ・地域での障害者との共生関係の状況が避難所等に反映
   される(ソーシャルインクルージョンやソーシャルイ
   クスクルージョンの課題)

 ⑫仮設住宅、復興住宅、まちづくり等
  ・バリアありーの仮設住宅(トイレ・風呂・導線等室内
   の段差・バリア、玄関・入口、仮設スロープの使いに
   くさ他室外の段差・バリア、周辺の砂利、敷地舗装の
   不徹底、水たまり、保温構造・冷暖房・空調等)
  ・障害者や高齢者他、使いやすいユニバーサルデザイン
   になっていない(身体障害者が住めない状況。ほとん
   どがマンション・アパートの借り上げ制度で対応)
  ・行政ごとでばらばら、画一的発注、基準がまったく決
   まっていない
  ・地域がつながる仮設住宅のあり方(地域入居の仕組み、
   孤独・孤立の防止、つながりやコミュニティづくり)
  ・仮設住宅の期限延長と復興住宅建設の課題・高台移転
   他、まちづくりの課題

 ⑬就労・福祉サービス等に関して
  ・事業所や会社の流出・就労手続きと支援のあり方
  ・「手帳」再交付申請や各種手続き等・地域主導のサー
   ビスづくり、雇用創出、人材育成等

 ⑭支援団体への国・県の支援のあり方
  ・経費&人件費援助
  ・車両提供
  ・マンパワー支援


(2)社会福祉現場で求められる活動

 「防災マニュアル」をふまえた法人・施設・事業所の災
  害時の行動判断・指揮・統括、防災責任者・職員への連
  絡、職員の招集・参集(電話が通じない場合の171
  【災害用伝言ダイヤル】の対応含む)

 ②各施設・事業所の対応

  ・情報収集・連絡活動(災害・気象の情報収集、施設の
   休業判断・避難判断、職員・家族への連絡・安否確認
   関係機関等との連絡調整等)

  ・救護活動(負傷者の救出、応急対応、病院搬送等)

  ・安全対策活動(火の元確認、初期消火、利用者の安全
   確認、利用者への状況説明利用者の避難誘導、利用者
   家族連絡、施設・設備の被害状況確認等)

  ・「福祉避難所」としての活動(受入れ、要援護者の移
   送、受入れ状況の報告、物資の調達、介護支援者の確
   保、関係機関との調整)

  ・地域連携活動(地域団体と協力し、利用者や地域住民
   の避難等における協力・支援)

 ③災害状況に連動した中・長期の対応
  ・復旧・復興の課題対応
  ・街づくりの課題対応

(3)「その日」に向けた準備

 定期的な「防災会議」の開催と情報共有、職員との情報
  共有、利用者・家族との情報共有、地域との情報共有

 ②「防災マニュアル」の策定・見直し
  ・現場に合った現実的実践マニュアルとして常に見直し
   ていくことが大切

 「防災マニュアル」に基づく物資や環境整備と点検
  ・法人・施設・事業所としての「基本的防災グッズ」の
   整備・点検
   (例)折りたたみヘルメット、拡声器、携帯ラジオ、
      ホイッスル、懐中電灯寝袋、簡易マットレス、
      簡易トイレ、毛布、軍手、無線機など
  ・3日分(72時間分)の備蓄食料品(飲料水含む)
  ・医療品、介護用品等の整備・点検
  ・避難場所、避難経路、施設・事業所・設備、周辺の点
   検

 ④防災教育
  ・全職員を対象とした防災教育・防災研修の実施
  ・地域防災情報等の共有

 ⑤防災訓練
  ・全職員、利用者を対象とした防災訓練の実施
  ・防災訓練は、関係機関、地域住民等の協力・参加
  ・訓練実施後の記録・整理・検証と防災マニュアルへの
   反映

 ⑥地域防災活動への積極的参加
  ・地域の自主防災活動の情報共有
  ・地域防災訓練
  ・災害図上訓練
  ・タウンウオッチング
  ・わが町の防災マップづくり
  ・地域の防災計画との連動

(4)この間の地域防災の取り組み

 「被災障害者支援ゆめ風基金」、「被災地障がい者セン
  ター」に連帯した現地支援と交流活動、「東北⇔関西ポ
  ジティブ生活文化交流祭」等を通じた息の長いつながり
  の継続

 ②N協防災会議」の定例開催(隔月開催)

 「東淀川区における災害時に福祉避難所等として介護・
  高齢者福祉施設及び障害者施設等を使用することに関す
  る協定書」の調印(2012年10月23日)

 ④「社会福祉法人ノーマライゼーション協会・防災マニュ
  アル」の策定(2012年12月14日付)
  【以降、必要に応じて、順次改定】

 ⑤「施設・事業所」における防災基本グッズの整理・整備、
  
淡路地域福祉・生活支援センターにおける72時間(3
  日分)対応の備蓄品の整理・整備

 ⑥ガイドライン説明会&東淀川区福祉避難所研修会の開催

 ⑦「N協・防災研修会」の開催

  ●テーマ「災害への対処方法~171の使い方含む具体
   対応~」
   ・日時:
2013年2月15日(金)
       13時30分~【昼の部46名】
       18時30分~【夜の部69名】
   ・場所:淡路地域福祉・生活支援センターつどいホール  
   ・講師:大阪市東淀川区市民協働課担当(防災)

  ●テーマ「地域における防災活動~ひとつのいのちを
   守ることから~」
   ・日時:2013年8月2日(金)
       13時30分~【昼の部34名】
       18時30分~【晩の部59名】
   ・場所:淡路地域福祉・生活支援センターつどいホール
   ・講師:大阪市東淀川区市民協働課担当(防災)
   ・チームクロスロードとグループ討論
  ●テーマ「地域防災の実践と備え」
   ・日時:2014年5月1日(木)
       13時30分~【昼の部40名】
       18時30分~【晩の部70名】
   ・場所:淡路地域福祉・生活支援センターつどいホール
   ・講師:大阪市東淀川区市民協働課担当(防災)
 
  ●テーマ「災害に備え、地域のリスクを探す~図上訓練~」
   ・日時:2014年8月1日(金)
       13時30分~【昼の部35名
       18時30分~【晩の部49名】
   ・場所:淡路地域福祉・生活支援センターつどいホール
   ・講師:大阪市東淀川区市民協働課担当(防災)
 
 171(災害用伝言ダイヤル)訓練
  ・毎月1日・15日実施(N協は、日曜日・祝日は実施
   しない)

  ・各施設・事業所ごとで5分間クイック訓練を実施
  ・実施後、「実施報告シート」で報告

 ⑨防災訓練
 
   ●南海トラフ巨大地震・津波到達想定・避難訓練
   ・日時:2013年10月1日(火)13時30分~
    (ケアホームみんなのいえは、夕方帰宅後、訓練実施)
   ・実施場所:N協全事業所・施設
    *支援センター(1階事務所、厨房、医務室
     いこい、だんらん、ハニカム等)
    *ヘルパーステーションいずみ
    *淡路地域在宅サービスステーションひざし
    *西淡路希望の家
    *ガイドヘルパーステーションあゆみ
    *障がい者センター翔館
    *こころの相談室リーフ
    *ケアホームみんなのいえ(夕方、帰宅後、訓練実施)
  ●活断層地震想定・避難訓練
   ・日時:2014年9月1日(月)【防災の日】
       13時46分~活断層地震発生・想定
   ・近隣の公園に避難移動の訓練の予定であったが、当日
    は雨天となったため、各施設・事業所の1階やホール
    等に避難移動を行った。
   ・実施場所:N協全事業所・施設
    *支援センター(だんらん、いこい、ハニカム、厨房
     事務所等)
    *淡路地域在宅サービスステーションひざし
    *西淡路希望の家
    *ガイドヘルパーステーションあゆみ
    *障がい者センター翔館
    *こころの相談室リーフ

    *絆館(みんなのいえ、ヘルパーステーションいずみ)
     は、公園参集想定で西淡路希望の家に参集。
    
 
家庭で用意しておくべき災害時の準備用品リスト】
(以下、「参考例」として紹介されているもの)

 


■飲料水
113リットルが目安(家族3人で2リットル
 ペットボトル12本~18本用意:飲用のみで34日分)

■非常食保存期間が長く火を通さないでも食べられる食

 品(レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶
 詰など安価な日用品をストックして古いものから消費し
 ていけば良い)。保存可能期間2年~5年のものが理想的

■医薬品常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそ
 うこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、整腸剤、持病の
 ある方はその病気のための薬(薬品名のメモも)
 ※児童、高齢者のいる家庭は別途必需品を用意

■衣類重ね着の出来る衣類、防寒具、毛布、下着類、靴
 下、軍手、雨具、カイロ

■停電時用懐中電灯、携帯ラジオ、予備の電池
 ※携帯ラジオは手巻きの充電式が便利。
  電灯・ラジオ等がセットになったものがある。
  
■避難所への持ち込み用グッズ着替え、毛布、布団、寝
 袋、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニー
 ル袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類、スプーン

■緊急時の避難・救助用笛、コンパス、ナイフ、ロープ、
 懐中電灯、シャベル、バール、ノコギリ、ハンマー等の
 工具

■貴重品現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、
 権利書、各種カード、保険証など

■長期避難用アウトドアグッズ(キャンプ用品で可)
 燃料、卓上コンロ、ガスボンベ(予備ガスは多めに用意)
 固形燃料、調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペー
 パー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート断水
 に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ(マンション住民は
 必須)、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)

■役に立つ日用品
布粘着テープ(油性マジックを使って
 メモに使用したり、ガラスの破片を取るときに利用でき
 る)、ラップ(水不足の時に食器に使用、保存など多用
 途に使える)、梱包用ひも、風呂敷、ダンボール

■非常持ち出し袋にいれておくもの
 飲料水(500mlペットボトル数本)、非常食(菓子類
 ・ゼリー状の食品)、医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、
 解熱薬など)、簡易食器セット(家族分)、衣類(防
 寒具)、懐中電灯、携帯ラジオ、電池、現金(10円玉
 も)、貴重品、ローソク・マッチ・ライターロープ・
 ビニールシート・雨具、ナイフ、ハサミ、タオル(大
 小)、洗面道具(旅行用で可)、ウェットティッシュ、
 ビニール袋、携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具


■災害時にあると便利なもの
 裁縫セット、ランプ、ランタン、ヘッドランプ、カイロ、
 サバイバルシート、折り畳みポリタンク、車輪付き旅行
 バッグ、台車、かご付き(荷台付き)自転車、小型バイ
 ク、キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用
 品一式)、非常用浄水器(町内会やマンション自治会な
 どで用意)

■避難所にあると快適に過ごせるもの

 (耳栓、安眠マスク、 携帯マクラ、菓子類)

 

社会福祉法人
ノーマライゼーション協会

大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37
TEL.06-6328-2941
FAX.06-6328-2961
──────────────
────

107258
<<社会福祉法人ノーマライゼーション協会>> 〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37 TEL:06-6328-2941 FAX:06-6328-2961