高齢者部門

淡路地域福祉・生活支援センター
施設外観

淡路地域福祉・生活支援センターとは…

■淡路地域福祉・生活支援センターとは…
 知的障害者入所更生施設ハニカム、指定介護老人福祉施設だんらん、

   軽費老人ホーム(ケアハウス)いこい、

 ハーブ診療所、地域交流スペースつどいホール等の施設機能がある複合施設です。
 敷地内には、ヘルパーステーションいずみ、相談支援事業ネクストがあります。

(1)高齢者の方々が住み良い淡路の街で充実した生活を送る

(2)知的障害者の生活支援、社会参加、経済的自立を推し進める拠点

(3)地域住民の方々との交流や福祉・生活上の悩みの相談

(4)震災等、あらゆる天災に対応した防災拠点・防犯拠点

このような役割で地域社会に貢献したいと考えています。
ご支援、ご協力よろしくお願い申しあげます。

基本姿勢

(1)施設としての基本姿勢
・開かれた日常活動、諸行事の充実を心がけ、豊富な社会参加の機会を提供します。
・プライバシーの尊重、個人情報の保護をはじめ、基本的人権を擁護に取り組みます。
・「職・住」分離の理念を大切にします。
・ケアホームの拡大・連携を図り、その機能強化に努めます。
・人権の理念・マインドを基本に職員の確保・人材養成に努めます。
・家族会や家族懇談会との連携・協働を通じ、当事者支援、家族支援、交流の機会を促進します。
・関係機関・関係団体との連携を大切にします。
・高齢者福祉・障害者福祉をはじめとする社会福祉・社会保障等の課題に積極的に取り組みます。


(2)利用者に関する基本姿勢
・入居者、利用者の尊厳・人権を基本に、よりよいケアサポート、自立生活支援、生活環境整備に
 共同で取り組みます。
・多様な自主活動・社会参加・交流の支援を行います。
・入居者、利用者に応じた知人・友人・家族等のかかわりとコミュニケーションの確保・拡大に努めます。
・高齢者・障害者の虐待防止の取り組み、成年後見制度の活用促進、日常生活自立支援事業の活用促進
 など、個々のケースに寄り添いながら、権利擁護の取り組みを進めます。

(3)地域に関する基本姿勢
・施設機能を活かし、地域の福祉相談や支援など、社会福祉・社会貢献活動に努めます。
・地域との連携を図り、なじみの関係を基本にした、ボランティアの育成・確保・拡大の取り組みを
 推進します。
・地域との一体性を図り、当支援センターと福祉・人権・文化・芸術等の諸活動と連携を積極的に
 図ります。
・地域の防災拠点・セキュリティ拠点として、役割を発揮します。