社会福祉法人ノーマライゼーション協会(公式ホームページ)|地域福祉|ボランティア|知的障害者生活支援|大阪府大阪市

qrcode.png
http://www.normalization.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

みんなのいえ

 

みんなのいえの暮らし

みんなのいえの暮らし
 

みんなのいえのご紹介

みんなのいえのご紹介
 
「障害があっても、サポートを受けながら地域で普通に暮らしたい!」

 グループホーム「みんなのいえ」は、地域の住宅で世話人・生活支援員と呼ばれる支援者から,必要な支援を受けながら共同生活を送る生活の場=「家」です。
男性4名で、「自立の家」という名前でスタートした1991年から、2017年現在、男性ホーム7軒、女性ホームが2軒の計9軒を数えるまでになりました。
「地域で共に生きる」という視点で、障害者も健常者もお互いの違いを認め合い、楽しむことができる「家」をめざして支援を行なっています。グループホーム「みんなのいえ」は、みんなの「家」です。
 
グループホームみんなのいえ
1991年スタートの記念すべき第一軒目のケアホームです。当時は、入居する物件探しの困難さも含め、地域での「自立」がまだまだ大きな目標だったため、その名も「自立の家」という名前でした。その後も「おおぞら」と改名し、2007年からは、全体にかかる代表的名称として「みんなのいえ」になりました。淡路地域で、入居者も支援者もともに20年近く、成長してきました。男性3枚で暮らしています。
 
グループホームはるか
 民間の住宅利用の困難さ(物件探し、家賃の負担)を行政に訴え続けた成果として1997年に改正された公営住宅法により、市内で初の公営住宅利用のグループホームとして1998年にスタート。2008年に移転し、「ほくと」と隣同士になりました。男性4名で暮らしています。 
 
グループホームひかり
女性初のケアホーム「ひかり」は、はるか同様1998年に公営住宅利用ホームとして、スタートしました。20017年に2度目の移転をしました。女性3名で暮らしています。
 
グループホームほくと
他のグループホームの先輩入居者に続けと、2001年にスタートした「ほくと」も、すっかり、みんなの「家」として定着しました。公営住宅で男性4名で暮らしています。
 
グループホームゆうきや
2004年に、生活施設「ハニカム」から誕生した第1軒目のケアホームです。公営住宅から地域の一戸建てに2013年引っ越しました。4人の男性が暮らしています。
 
グループホームここや
「ハニカム」での自活訓練を経て、2006年に開所しました。一戸建てに男性4名で暮らしています。
 
グループホームいろは
「ハニカム」での自活訓練を経て、2007年に開所しました。一戸建てに女性3名で暮らしています。
 
グループホームにこや
「ハニカム」での自活訓練を経て、2010年に開所しました。一戸建てに男性4名で暮らしています。
 
グループホームかがやき
2015年に開所しました。一戸建てに男性4名で暮らしています。
 

みんなのいえでの「くらし」

みんなのいえでの「くらし」
 
「ただいま!」
平日の夕方なら、各自、日中に利用している作業所や仕事場から戻ると、生活支援員の手慣れた手つきでつくられた夕食のいいにおいがただよってきます。
 
昼間にがんばった疲れをいやす場である「みんなのいえ」ですが、お風呂掃除をする人、健康のためウォーキングをする人、夕食までの過ごし方もみんなさまざまです。
 
夕食は、入居者と、世話人といわれる職員と宿泊介護を担う生活支援員も入れて、6~7名程度で食卓を囲むことが多いですが、近年は、ガイドヘルパーと外食してくる人や、クラブ活動で汗を流して帰ってくる人などもいて、かならずしも全員集合とはいかないのも特徴のひとつです。
 
だれかの誕生日となると、メニューも豪華になり、家族からの差し入れのケーキや、ささやかなプレゼントなど、いくつになっても盛り上がります。
 
生活の場面ですから、もちろん楽しいことだけでなく、入居者同士気まずくなったり、昼間の悩みごとを聞いたり、「家」というだけあって、いろんなできごとがあります。
 
地域での自立生活は、いろんな不安がつきまといますが、仲間同士、支援を受けながら毎日「ふつう」に生活しています。
 
交流や見学に来られた人の第一声は、決まって「想像以上に、ふつうの家ですね」と言われるのが、「みんなのいえ」のいちばんの特徴だと思います。
 

みんなのいえのこれまで

みんなのいえのこれまで
 
グループホーム制度とノーマライゼーション協会のグループホーム(ケアホーム)の年表
1989年        知的障害者グループホーム制度始まる。(当時は補助金事業)
1990年        西淡路希望の家「自立の家」承認受ける。
1991年        淡路駅前「Aiはうす」2階にて(とりあえず)開始。
 現在の「みんなのいえ」(旧「自立の家」改め「おおぞら(1998年改名)」)
 に移転。
1992年        いのくら対市交渉で、大阪市は公営住宅入居を認めるも国制度に阻まれ頓挫。
静岡、北海道では例外的に認めていた。
1997年  全国的な運動を受け、公営住宅法改正。
     空き住宅に限り、目的外使用を認めることになる。
1998年        大阪市内初の公営住宅利用GHとして、「はるか」開所、「ひかり」開所。
2000年 「ハニカム」開所。
2001年  「ほくと」開所。
2003年        支援費制度始まる。行政による「措置」から、個人の「契約」へ。
      移動介護(ガイヘル)、居宅介護(ホームヘルプ)全国で急速に広がる。
2004年       「ゆうきや」開所。厚生労働省、財政破綻から介護保険との統合を詠った
「改革のグランドデザイン案」を突如発表。「障害者自立支援法」を国会に提出。
全国で大反対運動始まる。→「全国大行動」。
2005年        ハニカム自活「いこや」開所。自立支援法、国会で強行採決。
2006年        「いこや」メンバーで移転「ここや」として開所。ハニカム自活「いろは」開所。
自立支援法、施行。グループホームは、自立支援法により10月に新法移行。
「ケアホーム(共同生活介護)」と「グループホーム(共同生活援助)」に分かれ、
N協は、「ケアホーム(共同生活介護)」の指定を受ける。
2007年        「いろは」ケアホームとして開所。
2008年 公営住宅建て替えにより「はるか」「ほくと」「ひかり」移転。
2010年  「にこや」ケアホームとして開所。「いろは」移転
2013年 「ゆうきや」移転
2014年 障碍者総合支援法の施行により、ケアホームとグループホームが統合され
     ケアホーム「みんなのいえ」から、グループホーム「みんなのいえ」へ。
2015年 「かがやき」開所。
2017年 公営住宅建て替えにより「ひかり」2度目の移転。
 
 

みんなのいえ運営方針

みんなのいえ運営方針
 

○運営規程より
(1)事業所は、利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことが

   できるよう、当該利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて共

   同生活住居(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年

   法律第123号。以下「法」という。)第5条第10項に規定する共同生活を営むべき住居

   をいう。以下この章においておなじ。)において入浴、排せつ及び食事等の介護、相談

   その他の日常生活上の支援を適切かつ効果的に行うものとする。
(2)指定共同生活介護の実施に当たっては、地域との結び付きを重視し、利用者の所在する

   市町村、他の指定障害福祉サービス事業者、指定相談支援事業者、指定障害者支援施設

   その他福祉サービス又は保健医療サービスを提供する者(以下「障害福祉サービス事業

   者等」という。)との密接な連携に努めるものとする。
(3)前二項のほか、法及び「大阪市指定障害福祉サービスの事業所の人員、設備及び運営に

   関する基準等を定める条例」(平成25年大阪市条例第171号)に定める内容のほか関係

   法令等を遵守し、指定共同生活介護を実施するものとする。

 

サービス・ご利用案内

サービス・ご利用案内
 
~地域で共に生きる、共に暮らす~
1990年に設立された「自立の家」は、「あいハウス」や「西淡路希望の家」で働く知的障害者の人たちが、仕事以外の時間も親元を離れ、地域で自立生活をおくるための施設でした。その実績から、公営住宅を利用した知的障害者のグループホーム「はるか」「ひかり」が1998年、全国に先がけ誕生しました。

~グループホームとは…~
地域における障害者の共同生活の場です。
そして現在、「みんなのいえ」「はるか」「ひかり」「ほくと」「ゆうきや」「ここや」「いろは」「にこや」「かがやき」では、それぞれ3、4人の知的障害者が親元を離れ、専従の世話人や生活支援員の支援を受けながら暮らしています。
 

苦情相談窓口

苦情相談窓口
 
事業所

 苦情受付窓口   久保 奈妙子
 
 苦情解決責任者  新井 勉

  ・受付時間:午後13時15分~午後4時
 
第三者委員
 
 白川 広子 氏(知的障害者授産施設ハートフル大東 施設長)
  072-889-1025
 
 河野 安善 氏(河野安善税理士事務所 税理士)
  06-6314-2088
 
 ※また、苦情受付ボックスを淡路地域福祉・生活支援センター1階ロビー、
  西淡路希望の家1階事務所前に設置しています。
 
行政機関その他苦情受付機関
 
 東淀川区役所自立支援担当課
  大阪市東淀川区豊新2-1-4
  ・電話:06-4809-9874
  ・FAX :06-6327-1920
   ・受付時間:9:00~17:00
 
 大阪府社会福祉協議会(運営適正化委員会)
  大阪市中央区谷町7-4-15
  ・電話:06-6191-3130
  ・FAX :06-6764-7811
  ・受付時間:9:00~17:00

社会福祉法人
ノーマライゼーション協会

大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37
TEL.06-6328-2941
FAX.06-6328-2961
──────────────
────

107258
<<社会福祉法人ノーマライゼーション協会>> 〒533-0032 大阪府大阪市東淀川区淡路3-13-37 TEL:06-6328-2941 FAX:06-6328-2961